魔法使いのクローゼット

タロット・心理占星術・手相であなたの「天体地図」を紐解く占い師、いつみあおのブログ。



雲仙・普賢岳の大火砕流 :: 2013/06/04(Tue)



22年前の6月3日は雲仙・普賢岳の大火砕流が発生した日でした。43名の方が亡くなりました。なぜ私が覚えているかというと、前年の11月に最初の噴火が起こったのですが、その2週間前に修学旅行で雲仙・普賢岳に訪れていたからです。

私たちは素敵な旅館でおいしいものを食べ、温泉を楽しみ、修学旅行を満喫しました。翌朝、バスに乗り普賢岳を降りていた時、バスガイドさんが「この山は江戸時代に噴火して以来、ずっと少しづつ崩れているんですよ」と説明していました。しかし同級生はみんな爆睡しており聞いていない様子で、私は誰と話すこともなく一人で「ふーん」と思いながら緑の山の中を眺めていました。そこはまったく普通の山と変わらないように見えました。なので2週間後に新聞の1面記事になった噴火のニュースには驚き、危なかったんだな・・・と青ざめました。そして翌年の6月3日、たくさんの人が犠牲になった大火砕流が起きました。あの時のニュース映像は衝撃的で、自然の猛威を感じました。しかし、この被害は報道関係者が避難勧告を遵守していれば最小限に留められたのではないか、とも言われています。取材マナーの悪さが地元の人々を巻き込んでしまったのです。

火砕流の迫力、自然の猛々しさを映像や報道で表現することは必要です。私たちの知識が増え、自然を学ぶ機会になります。それでも人間は万能ではなく弱い生き物です。自然に敵うことはありません。この時、報道関係者たちが少しでも火砕流の危険性と自分たちの命のことを考えていたら、このような悲劇にはならなかったと思います。

それまでは自然豊かな温泉地だった雲仙・普賢岳。大地の恵みはやさしいばかりではないということを学んだ出来事でした。亡くなった方々のご冥福を祈ります。




今日のカードは「ソードのキング逆位置」
若頭。
鑑定のごあんないは→

  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<速報!THE鉄コンin江ノ島 | top | タロットカードdeおまじない~さすらいの仕事編~>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoitsumi.blog.fc2.com/tb.php/102-37c1a870
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)