魔法使いのクローゼット

タロット・心理占星術・手相であなたの「天体地図」を紐解く占い師、いつみあおのブログ。



子供の年齢域についての考察~アセンダント期の提唱~ :: 2014/04/08(Tue)

雪遊び

西洋占星術を学んでいる方はご存知かと思いますが、
星占いには「年齢域」という考え方があります。

0~7歳は月
7~15歳は水星
15~25歳は金星
25~35歳は太陽
35~45歳は火星
45~55歳は木星
55~70歳は土星
70~84歳は天王星
84歳以降は海王星
冥王星は死後の世界

といった感じで年代ごとに天体が割り振られています。
その年代の主なイベントが担当する天体の状態で大まかにわかる仕組みです。

例えば、月がさみしがり屋の蟹座で火星が勢いのある牡羊座とスクエア(不調和)の場合、
小学校に入るくらいまでヒステリーだったりしますが、
小学生になって水星期に入り、水星が思慮深い蠍座で蟹座の月とトライン(調和)になると、
今までの鋭敏な感受性がうまく昇華され表現できるようになります。
そして高校入学頃金星域に入り、月や水星と不調和で目立ちたがり屋の獅子座に金星があり、牡羊座の火星とトラインになるとその子は典型的な「高校生デビュー」をします。
今まで恥かしがり屋だった子が高校生になっていきなり派手に遊ぶようになる、なんていう風にも読めるのです。ざっと見ですが。

前述の年齢域ですと、うまれた時から小学校入学くらいまで月星座の影響が強いとされています。
私の息子は月が山羊座です。月・水星合の生まれです。
占星術の世界では、山羊座の子供はやんちゃだけど大人の言うことをよく聞く真面目でいい子、となっています。

しかし、息子は違いました。
赤ちゃんの頃から落ち着きがなく、お昼寝はしないし夜も寝ないので毎日絵本を何冊も読まされたり、出掛ければ必ずどこかに飛んで行き池に落ちたり警察のお世話になったり、スイミングではすぐに飽きて潜らず騒いでいるばかりなのでこちらが恥ずかしくなり辞めさせたり・・・もう、訳がわかりませんでした。
ただのやんちゃエピソードに思われるかもしれませんが、次から次へと興味が移り問題を起こすので、心底参っていました。
それでも、うちは子供が一人だけなのでそういうものだと思い耐えていましたが、いくら山羊座が活動宮だとは言え、こんなにビュンビュンしているのはなぜか?どうしても月星座山羊という事が信じられませんでした。
それから5才を過ぎた頃、保育園のおゆうぎ会でちょっとした役をもらいました。私は毎日練習に付き合い、当日は大成功をおさめました。
その辺りからようやく「月・山羊座」が見えてきました。じっとしている事ができるようになったり、友達にやさしくできたり、人の話を聞いていられるようになったり、時折失敗はしていましたが普通の子供らしく?なったように思いました。

そして小学生になると、友達が増えたり勉強が始まったりと環境が変化し、
「やんちゃ」はほとんど顔を見せなくなりました。
周囲に溶け込み仲間が増えたことで自信が芽生えたようで、4年生になるとお笑い係を作り、5年生の時にはクラスでお笑いグランプリを企画し、6年生では学級委員をやりつつ、ハイパーヨーヨーのクラブを作り下級生に教えたりしていました。
宿題もひとりで片付け、歯を磨く時間、寝る時間もほとんど決まっています。
いつのまにか手のかからない子になっていました。

うーん、山羊座全開。年齢域に沿った生き方にみえる。
でもなぜ、月時代はあんなに大変だったのか?



・・・アセンだ。
アセンダントとはその人が行う無意識の行動、様子、醸し出す雰囲気です。簡単に言うと、キャラクターです。

息子はアセンダントが双子座です。私は双子座の友達や月が双子座の母親をもっているので双子座には慣れているつもりでしたが、そういえば双子サインの人はビュンビュンしている。

それが子供だとなおさらビュンビュンと落ち着きがなかったり、興味のある方向にしか行かなかったり、気持ちがセンシティブだったりしてしまうのではないだろうか。
(どの子にもそういう傾向はありますが、息子は同級生の子たちと比べて際立っていました)

そこで、私は思いました。


「乳児期および幼児期の年齢域には、アセンダントも考慮すべきだ」


私は「アセンダント期」を提唱します。

私が考えるアセンダント期とは、無邪気で天真爛漫でいて生理的な欲求が強く衝動的に行動し、感情表現にためらいがない時期のことです。
月と似ていますが、月との決定的な違いは「記憶」がない事です。

純粋に自分勝手。幼児そのものがアセンダント期です。

子供の性格や成長、運気には親や環境の影響が大きく、また男女の差もあるので一概には言えませんが、おおまかに下記のように分類しました。

0~3才…アセンダント期
3~7才…月期
7~15才…水星期

体の成長が著しいこの時期は心の変化も目覚ましいので、現在の「0~7才月期」「7~15才水星期」を細分化する必要性があると思います。
また、アセンダント期から月期への移行には個人差があり1、2才ずれる事があります。月期から水星期にかけても同様です。

息子の場合、0~4才位までアセンダント期。4~9才位まで月期。9~現在が水星期なのではないかと思いました。
水星のアスペクトは7ハウス山羊座の太陽・月・水星のコンジャンクションに5ハウス蠍座の火星がセクスタイルなので、友達やクラスメイトにお笑いやヨーヨーといった娯楽を広める活動が活発だったのかもしれません。(月は火星から9度離れているので月期に考慮しませんでした)

ちなみに息子のアセンダントに対するアスペクトは、水瓶座の金星がトラインです。
なので数々の悪行にも関わらず保育士さん達にかわいがられ、どこかにくめないキャラクターだったようです。私からすると悪魔でしたけどね(笑)


ごく個人的な意見ではありますが、皆様はいかがですか?








今日のカードは「ソードのエース逆位置」
モテ男の必殺技「うやむや」
鑑定のごあんないは→


  1. 占星術
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<「アンディ・ウォーホル展」を観てきました。 | top | 2014年4月7日いつみあおの「星とタロット占い」>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoitsumi.blog.fc2.com/tb.php/16-eb988229
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)