魔法使いのクローゼット

タロット・心理占星術・手相であなたの「天体地図」を紐解く占い師、いつみあおのブログ。



はじめてのオーラソーマ :: 2015/11/23(Mon)




先日、武蔵新城の灯台屋さんにて、三門晶子さんのオーラソーマコンサルテーションを受けてきました。当日はあいにくの雨模様でした。そして灯台屋さんには今回初めておじゃましたのですが、映画に出てくるような懐かしさを感じる素敵な味わいのあるお店でした。雨は冷たかったのですが、灯台屋さんの外観を情緒豊かに演出しているようでした。

引き戸を開けると、三門さんがやさしく出迎えてくださいました。三門さんはとてもナチュラルな佇まいで、緊張しているわたしに優しく声をかけてくださいました。そして辺り一面にほのかにいい香りが漂っていました。この空間に包まれたわたしは、すぐに体がほぐれてきてうっとりする感覚を覚えました。三門さんに伺うと、それはオーラソーマの香りとのことでした。なんて素敵なのでしょう。わくわくしてきました。それから靴を脱ぎ、2階に上がるとそこにはお座敷の空間が広がり、それこそ実家に帰ったような気分になりました。お、落ち着く・・・。
そして美しい四角いガラス瓶の中に、2色の様々な組み合わせのカラーボトルがずらっとお出迎えしてくれました。またまた、いいにお~い!

お茶を頂きながら自己紹介をして、さっそくオーラソーマコンサルテーションが始まりました。
コンサルテーションでは、たくさんのカラーボトルの中から好きなボトル、気になったボトルなどを順番に4つ選びました。一つ目は守護天使のカラーボトル。わたしは44番を選びました。2つ目は87番、愛の叡智でした。そして今を示す3つ目にはニューメッセンジャー。これからを表す4つ目には大天使サンダルフォンでした。気がつくと、すべて淡い色合いを選んでいました。わたしにはどれも美しく見えたのです。

まず最初に選んだ「44守護天使」には地球にまだ海が無く、空だけ存在していた頃のイメージが表現されているそうです。それは魂だけの存在。原始的で地に足がついておらず、スピリチュアルな世界に生きているため傷つきやすいわたしの原型、天使性とのことでした。
うーむ、たしかに。天使かどうかはわかりませんが、フワフワしているとかピーターパンみたいとかよく言われました。なのでもっと現実と向き合って生きなくちゃと思って日々暮らしておりましたが、やはりそうなんですね。今まではそんな自分の性質を恨んでおりましたが、今回三門さんに教えていただき、やっぱり自分の生来の性質を変えるのは難しいですし、それは不自然なことかもしれないと思いました。最後にオーラソーマカラーケアシステムという記録用紙を下さるのですが、そこに「ご自身の質を大切に」とのメッセージが添えられていました。これはもう、肩の力を抜いてナチュラルに生きてオッケーと言われたようでうれしかったです。でも魂とかスピリチュアルについて、いつもわたしはボンヤリしているのであまり理解していないかもしれません。難しい事は苦手です。

そして2つ目の「87愛の叡智」。これはわたしが傷つきやすい分、人の傷にも敏感であることを示しています。
こちらも、覚えがありますね。わたしは占星術で言うと月が蟹座にあり、タイトなTスク持ちなので影響が強く、とても気が小さくてすぐに傷ついてしまいます。いわゆる「ヘタレ」なんですね。でもそのおかげで、関わってきた人々のこころの影みたいなものをなんとなく感じていたことはあるかもしれません。これを「愛の叡智」と言われると、また誇らしく思いました。自分のウィークポイントが、またしてもプラスに感じられたのです。傷つきやすさって意外とムダじゃないかもね。逆転の発想!

3つ目のボトルのニューメッセンジャーには「スピリチュアルなメッセージを伝えるもの」という意味があります。というのもこちらのボトルには少しイエローが入っており、これが「気付き、知恵」を示すからだそうです。最初のボトルで魂であったわたしは、2つ目のボトルで傷つくという感情を知り、今、ニューメッセンジャーとして人々に魂の存在を広く伝える活動に入ります。これはまさしく占い師としての使命かもしれませんね。相手の心が何を求めているか、どうしてそれを必要としているのか。相手の魂の傷に気付き、伝え、よりよい生活へと導いていく。わたしの理想とする占い師像とリンクします。「導く」なんてエラそうな言い方ですね。一緒に気付いていく、相手が気付くお手伝いをする、という感じです。うーん、深いなオーラソーマ!

4つ目に選んだのは大天使サンダルフォン。これからを示すボトルには「傷つきやすさを癒す人」という意味が込められています。これまで選んできた3つのボトルがまとまった、素晴らしいボトルです。選んだ自分に座布団をあげたいくらいです。「癒せる」かどうかはまだ未知数ですが、そんな占い師になりたいと常々思っているので「うおー、これからもがんばるぞー!」と元気をいただきました。

最後に、オーラソーマカラーケアシステムのコンサルテーション記録用紙をいただいきました。そこには全体を通してのテーマとして「ご自身の質とチャレンジからギフトへ。気付き、癒す人」とありました。わたしはこのメッセージを「自分自身であってよい。傷つくことを恐れずに経験していく事で学び、そこでいろいろなものが見えてくる。それは現象であったり心であったりする。これらを通して人々に癒しを与えるのがわたしの使命」だと感じました。使命かー。また重い言葉を使ってしまった。うーん、でもそんな感じー。

そして、このコンサルテーションのあいだ、三門さんはとても穏やかな口調でいろんな説明をしてくださいました。カラーボトルのいい香りと三門さんの雰囲気に包まれて、わたしはとてもうっとりして終始リラックスしていました。この中で特に印象に残ったのが「魂の浄化」についてです。ポマンダーなどオーラソーマグッズを使う事も効果的ですが、自らのケアをする事が一番大切だということです。当たり前の事のようですが、あまりにも疲れて帰宅した時などは、必要最低限のことだけしてバタンキュー(死語)でした。しかし、本当は自分のためだけの時間をつくり、自分をケアする事が魂の浄化になるという事。これで本当の意味でのリラックス、休息が得られるのだと知りました。自分へのケアについて、ほとんど考えた事がありませんでした。わたしの脳裏に「魂の浄化=入浴」という図が浮かびました。湯船に浸かるのが嫌いなわたしは、いつもシャワーで済ませていましたが、これから寒くなるし、湯船にも入らなくちゃナーと決意しましたよ。

ちょっと時間をオーバーしてしまい、しびれた足をくねくねさせながら階段を降り、三門さんにご挨拶をしてお店をあとにしました。そしてその足で夜の渋谷に向かいました。もちろん仕事ですよ。今夜も渋谷の悩めるパーリーピーポーにお説教ぶちかましてくるぜ!(嘘)

三門晶子さん、本当にありがとうございました!皆様も三門さんのオーラソーマ、ぜひ受けてみてくださいネ!
三門さんのブログはコチラ→

今日のカードは「隠者」
オーラソーマは潜在意識への旅かもね!
鑑定のごあんないは→

  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<2015年11月30日の運勢 | top | 2015年11月12日は蠍座20度の新月ですヨ! >>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoitsumi.blog.fc2.com/tb.php/447-378044f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)