魔法使いのクローゼット

タロット・心理占星術・手相であなたの「天体地図」を紐解く占い師、いつみあおのブログ。



押入れDIYへの道・Episode2 :: 2016/05/30(Mon)




こんにちは、いつみあおです。
生まれ変わった押入れでの作業にもだいぶ慣れてきました。
今日は押し入れDIYの作業工程について語ります。
重要なことは大文字にしました。

まず、空になった押入れの内寸を測ります
うちの場合は 高さ900*奥行き820*幅1680
でした。単位はミリです。

本来の押入れより、ひとまわり小さい造りです。
最近は住宅事情もあり、こういうことは珍しくありません。

このスペースを作るにあたって重要なのは
・広く見せること
・収納スペースがあること
・家にあるものを再利用すること
なので、まずは目線より高いところに物は置かない事、
机ができたら必要なパソコンや資料の配置を決めました

また、白っぽいファニチャーが好きで小物なども集めていたので、テーマカラーは「白」
そして締め色にダークブラウンの板を渡すことに決定。

まずはホームセンターに行き貼ってはがせる壁紙を買いました。
壁がベニヤなので、ここは新調しなくてはなりません(汗
壁紙は1.8mの長さと5メートルの物があり、必要な長さは3320ミリ。ここでは1.8の方をチョイス。
お値段的には5メートルの方がお得ですが、余らせてもまた荷物になるだけですからね。
ぐっとこらえて1.8mを2本買いました。

壁紙を貼ると俄然部屋らしくなりました。
写真を撮っておくべきでしたね、残念。

そして、一番頭を悩ませたのが机となる中段です。
ここの高さは床より795ミリと机にしては高いので板を敷いたりしたくありませんでした。
床に敷くビニールクロスとか、薄いコルク素材などを考えましたが
とりあえず家にあるものを使いたかったので、発掘したベッドカバーをサイズに合わせて敷いてみました。
下段の目隠しにもなったので、今はまぁ、いいかなと思ってます。

それから、棚について。
スノコ再利用を目論見ましたが、押入れとサイズが合わないため断念、
そこで以前ガーデニングにハマって買ってしまったレンガに長い板を渡してみてはどうかと考えました。
レンガと板の重さを計算し、押入れの耐過重と比べたり、サイズを測ってみたら、イケそうだったので板をネットで購入。
さすがに1680程の長い板は家にありませんから、仕方ない。

板はSPF材というカナダのマツ科(エゾ松、パイン、もみ)の3種が混在する軽くて扱いやすい木材です。
ハンズでも売っていますよ。DIYにオススメ!
長さが1800ミリと押入れの横幅よりあるので、カットしました。これがDIYの醍醐味
板が家に到着してみると、長い長い!割と玄関広い家でよかったよ。古いけど。
でもあんまり邪魔なので台所にゴミ袋を繋げたシートを作ってギコギコやってやりました。

外は雨が降っていたのでネ。

室内でも霧吹きをシュッシュしながら切ると、切り屑は飛ばないんです。
むしろお掃除しやすくなります。
折りたたみ型の小さなノコギリを使いましたが、割とキレイに切れました。
仕上げにヤスリをかければバッチリです。
わたしは180番と240番を使いました。

コレにオイルステインで汚しをかければOKです。

色塗り、仕上げに関しては次回。乞うご期待!!

押入れDIYへの道・Episode1




今日のカードは「コインのキング」
経験と実績に基づく力強さ。
鑑定のごあんないは→

  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<押入れDIYへの道・episode3 | top | 押入れDIYへの道・Episode1>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoitsumi.blog.fc2.com/tb.php/485-6e5d805c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)