魔法使いのクローゼット

タロット・心理占星術・手相であなたの「天体地図」を紐解く占い師、いつみあおのブログ。



押入れDIYへの道・Episode4 :: 2016/06/04(Sat)




まだまだ押入れDIYについて熱く語りたいと思います。

さて、棚になる部分を作ったら、次は小道具、装飾にかかります。
まずは電気配線!

押入れにはそもそもコンセントがありません。
なので延長コードを探しました。
なるべくスッキリ見せたいのでタップの部分がコンパクトで、いっぱい差し込めて、長いもの。

3メートルでは足りなくて、それ以上の長さは種類がないし・・・
ホームセンター、ハンズ、電気屋さん、いろいろ回りましたが、全然ありませんでした。
実はこの作業だけで3回も返品してしまいました。迷惑な客です。ごめんなさい。

なかば諦めていたところ、偶然大手通販会社で理想に近いものを発見!
実物を見てみると・・・オッケー合格!というわけで延長コードは無事にゲット

それから配線カバーを部屋の目立たないところを探して採寸し、カットし貼り付けました。
カバーは固いプラスチックでできていて、本来はそれ専用のカッターがあるのですが家にはないので普通のカッターをライターであぶりながら切りました。熱い熱い。そこに延長コードをはめ込み準備完了。

なんとか電源は確保したものの、今度はライトです。

私は一人暮らしの時に間接照明に凝っていたので、総動員してライティングしました。
その中に裸電球があったのですが、どうやって吊り下げればいいものか、これにも頭を悩ませました。

この押入れの天井には天袋がないかわりに棚があり、うまく取り付けないと荷物の出し入れができなくなるのです。
そこで、天井付近にベニヤ板を張り、真ん中に穴を開けて通すとか、フックで引っ掛けるとか、燃えにくい紐で編んだロープを作るとか・・・
わけのわからないことまで考えていましたが、
発掘した長すぎるつっぱり棒の存在を思い出しました。

押入れをクローゼットのようにして服をしまう予定で買ったのに、服が多すぎて落ちてしまい結局使えなかったものです。
それを押入れの上、備えつけの棚の邪魔にならないところに渡し、裸電球のコードを沿わせてぶら下げたらなんとか形になりました。

しかし、裸のままだと落ちてきたら困るので、一番安全で場所をとらずにリーズナブルな電気カバーについて考えたところ、
よく工事現場で使われる電球ガードを思い出しました。
あれならいろんなサイズがあるし、格安です。
さっそくハンズで購入。そのままでも無機質なかっこよさがあるのですが、私の部屋っぽくないと思い、その辺にあったパワーストーンビーズとワイヤーでぐるぐる巻きにしました。

あんまりかわいくできませんでしたが、オリジナル電気カバーに自己満足。

とりあえず電球は落ちてきても大丈夫になりました。

生活の上でかかせない「電気」について改めて考えさせられる経験だったかもしれない。

さて、今日は配線の話だけでこんなに長くなってしまったので
次回も小道具と装飾のお話をします。

では、では!




今日のカードは「吊られた男」
わたしの電球。
鑑定のごあんないは→

  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<押入れDIYへの道・Episode5最終章 | top | サンキュー渋谷、よろしく原宿!>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://aoitsumi.blog.fc2.com/tb.php/489-d8e23aa6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)