FC2ブログ

6月21日は夏至ですYO!



「夏至」それは1年中でもっとも昼が長く、夜が短くなる日の事です。1年でもっとも昼の短くなる冬至と比べると、昼間の長さは約5時間も違います。

夏至図を見てみるとちょうど太陽が蟹座に入宮したところです。太陽のサビアンは蟹座1度にあり「船に掲示される巻かれ広げられる旗」です。集団に帰属すること。伝統文化の再興などが考えられます。
また、9ハウスにあり木星とサイン違いの合です。今までの食物に関する研究が実を結び、新しい遺伝子工学などの研究に成果がでるかもしれません。
また、アセンダントと太陽・木星合がトラインなのでこの夏は誰もが1大イベントを体験できそうです。

また、アセンダントは天秤座の30度「哲学者の頭にある三つの知識のこぶ」。これは知識の完成度とそれを見る客観性に素晴らしさがありますが、人々の知恵に働きかける力がなく限界を感じてしまいそうです。
アセンダントのルーラーである金星は蟹座9ハウスで水星と合です。海外などへ旅に出ることで見聞を広め、改めて日本という国を理解し愛おしく感じるかもしれません。自分の信念を裏付けるための旅をすることになるでしょう。

気分を表す月は蠍座2ハウスにあります。サビアンは蠍座28度「自分の領土に近づく妖精たちの王」です。蠍座は依存のサインですが、独自の領土がうまれつつあり、依存をやめる時期にさしかかっています。
2ハウスの月はお金や物質的豊かさが必要不可欠です。金運は月の満ち欠けの如く様変わりしていきます。うまく流行に乗れればいいのですが、波に乗り遅れると痛い目をみます。ただ、月がノーアスペクトなのでダメになった時の割り切りは早いでしょう。

人生の根幹である土星は蠍座1ハウス。サビアンは蠍座6度「ゴールドラッシュ」。大望を抱いて世界に飛び込みます。後ろ盾も何もない状態だからこそ、夢を確実に手にいれるのです。
蠍座1ハウス土星は魚座5ハウス海王星とトラインです。人々が理想としている世界を創りだそうと動き始めます。地に足をつけた形で夢を叶えることができる組み合わせです。

他では、
山羊座3ハウス冥王星で汚職が暴かれる人もいそうです。また、交通機関の乱れも気になります。
牡羊座6ハウス天王星は最先端の医療に関するアイデアが生まれそうです。
また、海王星は4ハウスともとれるので水害がでるかもしれませんね。

ざっとまとめてみますと、「知性」「知識」「勇気」という単語が浮かんできました。
日本で勉強していても、海外へ旅行にでかけても、自分を試す為に知らない世界に身を投じても、いつだって「知性」をフル回転させて「知識」を身につけ「勇気」をもって結果を出していく。そしてそれは着実に実になっていく。誰もが未来の日本を背負う人になっていく。そして改めて古くからの日本の魅力を再発見していく、そんな夏になると思います。
水害と交通災害にはご注意を!




今日のカードは「運命の輪の逆位置」
ハズレ。
鑑定のごあんないは→

Comments 0

Leave a reply