FC2ブログ

ちいさなお子さまのいるママさんへ



子育て、ご苦労様です。お疲れさまです。
育児って、ホント大変ですよね。
「えー、そんなことないよ、毎日たのしー☆」
という方は恵まれていると思います。

抱っこしていないと泣くし、
すぐ病気するし、
泣き声はでかいし、
昼寝もしなければ夜も寝ない、
腕がプルプルするまで絵本を読み、読む絵本がなくなり、
ブラックジャックを読みきかせたり、
外を歩けば脱走しおまわりさんの世話になり、
線路沿いに行っては電車をみるのに延々付き合わされたり、
トイレ大丈夫、と言っておいておもらしするし、
…まあ、これウチの事なんですけど。辛かったわ。

私は出産前まで舞台デザイナーをやっていたのですが、
出産後、映画やテレビなどの制作事務に異動になりました。
その仕事はめちゃくちゃつまらなかったです。
しかも自分と同年代の人達が現場でガンガンバリバリ働く姿を眺めるのも辛かったです。
そして誰もいないところでそっと、「今頃赤ちゃん泣いてるよ~」なんて言ってくるブスがいたりしたので
本当に不愉快でした。他はいい人ばかりでしたけどね。
しかし、子供が毎月のように病気にかかり、しょっちゅう会社を休み、
子供のいない上司からは嫌味を言われ、仕事は超ヒマで、
「私、子供を預けてまで働く必要あるのかな…」と思い始めました。
そしてストレス性胃腸炎にかかったり、私自身も体調の悪い日が増えました。

私は、仕事のストレスと育児のストレスで欝状態になりました。

慣れない土地で慣れない育児。
実家も遠く、頼る人がいないし、近所に知り合いもいない。
夫は毎晩残業で帰りが遅いし、誰にも相談できませんでした。
疲れているはずなのに眠ることができず、
毎晩、「地獄の黙示録・完全版」を観てました。
多分、牡羊火星を満たしていたのでしょうね。
自分の中の暴力性を、戦争映画で発散させていたのだと思います。
そして私はメンタルクリニックへ行き、安定剤と睡眠薬をもらい、しばらく飲んでいました。
それから「自分、メンヘラかよ」と思い、心理学系の本を探していたら
岡本翔子先生の「心理占星学入門」という本に出会い、おもしろそうと思いました。
そこからなんとなく占星術の勉強が再開しました。約10年前の事です。
職場のスタッフの生年月日は仕事上暗記していたので皆様のホロを作り、ふんふんと眺めておりましたが、
やはり相変わらず息子は月イチペースで病気にかかり、挙句の果てには
出席停止のやつ(名前忘れました)にかかり、2週間ほど休んだあとで
泣く泣く退職致しました。
でも今は、その時に退職しておいてよかったと思います。
自分も欝を抱えて育児に追われ、ギリギリだったからです。
そこで占星術と再会し、自分の事や息子の事などを「ホロスコープ」を使って冷静に眺めるようになり
「なるほどー、だからこんなに落ち着きなかったのね!」などと思いました。
そしてインターネットで情報を拾い、いろんなところの講座に行ってみたりしてしばらく療養しました。
それから程なくして寛解状態になったのでスタイリスト助手の仕事を始めました。
こちらも変わった業界でしたが、とりあえず学ぶところだけ学んでサヨナラしました。
子供はといえば、いつのまにか大きくなっていました。
こちらもいろいろありましたが割愛。
自分の話ばかりになってしまい、恐縮ですが、
つまり、私がママさん達に言いたいことは、

「無理しないで、みんなに甘えていいんだよ。
助けてくれる人、非難する人、いろいろいるかもしれないけど、気にしないこと。
そして時には休むこと。趣味に打ち込むこと。疲れたら、ツカレタ!って言っていいんだよ。
最後に、大好きだよっていつも子供に伝えていれば、大体OK!」

こんなかんじかな。
あ、あと子供が悪いことしちゃったら、ちゃんと叱ろうね。人前でもちゃんと。
やっぱさ、私みたいにドロップアウトしちゃうと大変だからね。
ていうか育児をなめていたかもしれない、私。
あんなに大変だと思っていなかった。
今は息子も中1になり手がかからなくなったし、夫も手伝ってくれるので、
元気に占い師をやらせてもらっていますが、ここまでくるの辛かったからさ、
もしも鬱屈した気持ちを抱えているママがいたら、
いつみあおのことを思い出してほしい。
ご病気されている方の鑑定は出来ませんが、
苦しい思いをしているのはあなただけではないということを知ると、
だいぶ楽になるんじゃないかな、と思いました。
一人で抱え込まないでね!




今日のカードは「力の逆位置」
ストレスが地球をダメにする。
鑑定のごあんないは→
9/24講座「おしゃれ道場」→
9/29たわわ金星収穫祭→

Comments 0

Leave a reply